注目ニュース

2017-03-03 17:47:01 医療

オンライン医療相談プラットフォーム「first call」、上海在住の邦人向けに医療相談を開始

■本サービス開始の背景
海外で生活する在留邦人数は年々増加し、2015年には過去最多で130万人を超えています。中でも中国は米国に次いで多く13万人に及び、その内上海は中国最多で6万人の邦人が生活しています(*1)。
海外における医療・保険制度は日本と異なり、言語の壁もあるため、多くの在留邦人は現地の事情も把握した日本人医師による診療を求める一方、上海において日本人医師が駐在するクリニックは10箇所程度であり、在留邦人1,000人当たりの日本人医師数はわずか0.4人です(*2)。これは、日本国内における人口対医師数の1/6にも満たない数であり(*3)、医療が十分に行き届いていない状況となっています。
今後も海外進出を行う企業が増えていく中、日本人が安心して海外で活躍できるための医療インフラの整備は重要課題であり、各国の医療制度や事情を理解した上で、国境を超えた医療連携が必要です。
*1 2015年10月時点。外務省「海外在留邦人数調査統計(平成28年要約版)」より。
*2 2017年2月時点。株式会社Mediplatによる現地調査より。
*3 2014年12月時点。厚生労働省「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」より。

■本サービスの概要
上記状況において「first call」は、上海在留邦人の病気に関する不安を解消し、医療アクセスを向上させることを目指して、上海における邦人向けの複数のクリニックと連携し、上海及び周辺地域で生活する邦人向けにオンライン医療相談サービスを提供いたします。
具体的には、上海で医療を提供する日本人医師が、テレビ電話やメッセージ機能を使って医療相談に応じ、現地の事情も踏まえた医療アドバイスを行います。また、医療相談において診療が必要と思われる場合には各クリニックでの診察を促すことで、疾病の早期発見・重症化予防を図ります。さらに、各クリニックと連携した現地での健康相談イベントの開催や、現地に拠点を持つ法人向けに健康リスクマネジメントの支援も行う予定です。

※サービス画面のイメージ

この度の上海におけるサービス提供の開始をきっかけに、「first call」は今後も、海外在留邦人向けのサービスを強化してまいります。

■「first call」について
「first call」は、日常生活における自身や家族の健康上の悩みについて、自宅からテレビ電話やメッセージ機能を使って医師に相談ができるオンライン医療相談サービスです。現在約50名の登録医師が、一般内科や小児科、産婦人科など幅広い診療科目で相談に応じており、登録ユーザー数はモニター利用者を含め2017年2月時点で2万人を超えています。
これまでベータ(試用)版として、WEBメディアやクラウドソーシングサービス等を活用しながら利用者並びに症例を蓄積していくことで、サービスの検証および改善をしてまいりましたが、2017年4月以降より、法人向けサービス開始の他、個人向けには月額課金制の導入を予定しています。

【メドピア株式会社について】
「Supporting Doctors, Helping Patients.」をミッションとして、医師同⼠が臨床経験を共有する医師専⽤のコミュニティサイト 「MedPeer」を運営。現在10万⼈以上の医師 (⽇本の医師の3⼈に1⼈)が参加し、医薬品や疾患に関する医師の”集合知”を形成。グループ全体では、オンライン医療相談プラットフォーム 「first call」や、管理栄養⼠によるパーソナルダイエット指導サービス「ダイエットプラス」を展開。医師プラットフォームを基盤に、医師向けの臨床⽀援サービスや⼀般向け健康増進・予防サービスを展開し、「医療の再発明」を⽬指す。
参照URL:https://medpeer.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
メドピア株式会社・広報担当 藤野
電話:03-6447-7961
メール:pr@medpeer.co.jp
 

 

関連した記事

2017-10-31 医療
慶應義塾大学医学部発ビジネスコンテスト【健康医療ベンチャー大賞】を開催。医療に関わるあらゆるビジネスモデルを募集します。
[慶應義塾大学医学部] 【コンテストについて】 1. 概要 慶應義塾大学医学部では「ベンチャー100 社創出」を目標に、起業を恐れず起業が当たり前の文化を創り、起業の後押しとなるようアカデミア(学界)とアントレプレナー(起業家)の橋渡...
2017-10-26 医療
株式会社ソラスト、介護職向けのフィジカルアセスメント講座を開講
[ソラスト] フィジカルアセスメントは、問診・視診・触診・聴診・打診などを通して、実際に患者の身体に触れながら、症状の把握や異常の早期発見を行うスキルです。日本においては、少子高齢化や医療の高度化・複雑化等によ...
2017-10-05 医療
がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業を募集
[三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社] 近年、医療技術の進歩により、がん患者であっても、治療を行いながら仕事を続けることが可能になり、社会で活躍する方が増えつつある一方で、意欲があるにもかかわらず、就労の継続が困難になるケースもあります...
2017-10-02 医療
地域の人と考える 「around杉並健康ライフ2017」開催のお知らせ
[社会医療法人 河北医療財団] 地域密着を図るため、2009年より毎年秋に地域の人と考える「around杉並健康ライフ」と銘打ち、医療の知識を高めていただくセミナーや医療を身近に感じていただけるような体験型のイベントを開催しております。 ...
2017-10-02 医療
変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測
[ディシジョン・リソーシズ・グループ日本支店] 製薬・医療機器業界に関する展望レポート・データベースの発行、コンサルティングサービスを提供する、ディシジョン・リソーシズ・グループ (所在地:米国マサチューセッツ州バーリントン、CEO:Jon Sandler)は...
記事一覧に戻る
役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
看護師求人No.1 非公開求人をご紹介
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル