注目ニュース

2017-09-07 11:24:56 美容

20~40代女性1500人に聞く「健康と美容に関する意識と実態調査」 「コラーゲンが身体をつくる」に関心度98%! 女性のライフスタイルは、”ヘルシービューティ”の時代

~コラーゲンを毎日の生活にプラスし、健康美を手に入れましょう~

 資生堂は、約35年にわたり「美と健康」の視点からコラーゲンの研究を行っています。現代の女性たちは、健康で美しい毎日を送ることを目指して、ヨガやランニング、スーパーフード摂取など「身体にいいこと」を毎日の生活の中で積極的に取り入れています。ヘルシーな生活を送ることが昨今の健康美のトレンドであり、その意識はますます高まってきています。
 そこで、20~40代の健康・美容に意識の高い女性※1,500人を対象に、美肌のみならず、身体のあらゆる組織に欠かせない成分「コラーゲン」に関する意識・実態を調査しました。
 調査結果によると、コラーゲンは、健康・美容に良い成分として認知率96.3%と最も高く、コラーゲンの働きである「血管をしなやかにする」、「内臓の働きを良くする」、「身体をつくる働きをする」ことへの高い関心を示していることがわかりました。
 一方、「ヒトは血管から老いる」といわれていますが、コラーゲンは血管にも存在し、コラーゲンが減少すると、血管の弾力性やしなやかさが失われ、酸素や栄養がすみずみまで行きわたらなくなり、細胞の機能が低下します。
 コラーゲンは、美容だけでなく身体の内側から健康に寄与する成分であるのでコラーゲンを減らさない生活をし、健康美を手に入れましょう。
※健康や美容に関する情報を積極的に取り入れ、この1年以内に、健康や美容に良いと思う習慣を始めた、あるいは始める予定のある女性

《調査結果サマリー》
1.女性が選ぶ健康・美容に良い成分 認知度No.1は「コラーゲン」
健康・美容に関する22成分の中で、健康・美容意識の高い女性が健康・美容に良いと一番知っている成分は「コラーゲン」。女性の96.3%が健康・美容に良い成分として「コラーゲン」を認知。

2.コラーゲンの身体をつくる働きに女性の関心度MAX!
コラーゲンは「美肌をつくる」(83.5%)と認知するも、「身体全体を美しくする」(38.9%)と答えたのは約4割。さらに、コラーゲンの血管強化・血流の改善効果や、その効果により体内でコラーゲンの産生力が高まることを知っているのはわずか1割台にとどまる。
その一方で、コラーゲンは「身体をつくる働きがある」に関心を持った女性は98.0%。

3.女性がコラーゲンに注目する理由 身体の中から健康でキレイになりたい
女性のほとんどが「身体全体を美しくするためには、身体の内側からケアすることが大切」(99.4%)と考え、「身体や肌が持つ本来の力を高めて美しくなりたい」(97.4%)と望んでいる。

【調査概要】
●調査時期:2017年5月22日(月)~23日(火)
●調査方法:インターネット調査
●調査対象:全国の20~40代女性1,500人(10歳刻みで500人ずつ)
※グラフに表記している数値は、少数点第2位を四捨五入した数値のため、表記上の数値の合計が100%にならないことがあります。

《調査結果》
1.「コラーゲン」は、女性が選ぶ健康・美容に良い成分第1位
 22の健康・美容成分を挙げ、その中で健康や美容に良いと知っているものを聞いた結果、認知度が一番高い成分は「コラーゲン」(96.3%)でした。


2.知らなかった!「コラーゲン」は美容だけじゃなく身体にも良い。血管を強化し血流を改善!
 コラーゲンを知っていると答えた女性(1,444人)に「コラーゲンの印象」を聞いたところ、「美容に良い」(73.6%)と回答した人が最も多くいました。その一方で、「健康に良い」(24.2%)と答えたのは4人に1人とぐっと少なくなっています。
 「コラーゲンの働き」についても、8割以上が「美肌をつくる」(83.5%)ことを知っていますが、「身体全体を美しくする」(38.9%)ことを知っている人は4割にも及びません。ほかにも、「コラーゲンは血管をしなやかにする(強くする)」(17.7%)、「血管を強化すると体内でコラーゲンをつくる力が高まる」(11.1%)、「血流が良くなると、体内でコラーゲンをつくる力が高まる」(10.7%)など、コラーゲンには血管や血流を改善する働きもありますが、そのことを知っている女性は1割台にとどまっており、ほとんど知られていないことがわかりました。

 

 

3.コラーゲンの身体をつくる働きに女性の関心度MAX!
 美肌をつくる美容成分として女性たちから圧倒的な支持を得ているコラーゲンですが、コラーゲンは肌だけでなく、血管をしなやかにし、内臓の働きを良くするなど、身体をつくる働きもあります。
 このコラーゲンの働きを知ると、ほとんどの女性がコラーゲンの身体をつくる働きに関心を持ったと答え(98.0%)、コラーゲンへの関心は一層高くなっています。


4.女性がコラーゲンに注目する理由 身体の中から健康でキレイになりたい
 コラーゲンが身体にも良いことを知ると、関心が高まるのはなぜなのでしょうか。今回の調査で女性の9割以上が、「身体全体を美しくするためには、身体の内側からケアすることが大切」(99.4%)、「身体や肌が持つ本来の力を高めて美しくなりたい」(97.4%)と答えています。
 今の女性は、外側からキレイになる美容だけに関心があるわけではなく、身体の中から健康になることでキレイがもたらされることを十分に理解し、身体の中からキレイをつくることを目指しているようです。美容成分としておなじみのコラーゲンに、身体にも良い効果があることを知ると、コラーゲンへの関心がぐっと高まった、と考えられます。


5.血管強化・血流改善などコラーゲンによるめぐる力で、身体まるごとキレイに!

 コラーゲンには、血管をしなやかにし、血流を改善する働きがあります。血管を強くし、血流を良くすることが健康と美容の両方に役立つと思うかと聞いたところ、97.6%が「役立つと思う」と回答しました。
 さらに、血管や血流の状態が良いとどのような影響があるかについて聞くと、「体調」(79.9%)も「顔色」(79.6%)も「肌の状態」(73.8%)も良くなり、「身体全体がきれいになる」(70.8%)と答えています。
 コラーゲンを毎日の生活にプラスすれば、元気もキレイも両方手に入るかもしれません。毎日の習慣に取り入れる成分として、コラーゲンへの注目がさらに高まりそうです。


▼WEBサイト「資生堂コラーゲンLABO」のご案内
私たちの美しさの源になるコラーゲンについて、より詳しく、より幅広くご紹介しているWEBサイト、資生堂コラーゲンLABOをご案内します。
資生堂コラーゲンLABOでは、コラーゲンの基礎知識や最新の研究成果、資生堂のコラーゲン研究の歴史のほか、コラーゲンがどうすれば身体の中でつくられるか、肌だけではない身体への働きや、ライフスタイルとの関わりなど「コラーゲン」の魅力に迫る内容になっています。
・資生堂コラーゲンLABO 「カラダをつくり、キレイをつくるコラーゲン」
http://www.shiseido.co.jp/collagenlabo/know/bodybeauty/?rt_pr=tr914
・資生堂コラーゲンLABO トップページ
http://www.shiseido.co.jp/collagenlabo/?rt_pr=tr914

関連した記事

2017-09-12 医療
微細藻類ユーグレナ含有食品の摂取による 便秘改善効果を示唆する研究結果を確認しました
[株式会社ユーグレナ]  便秘は、食生活が多様化した現代において、多くの人々が抱えている健康状態に関する悩みの一つです。 今回の試験では20歳以上60歳未満の女性を対象に、プラセボ食※1とユーグレナの含有量を変化させた試験食を...
2017-09-08 医療
メドケア株式会社、フジクラ健康保険組合とApple Watchを活用した遠隔診療・遠隔生活指導プログラムを開始
[メドケア株式会社] 今回、フジクラ健康保険組合の協力の下、メドケアのアルゴリズムで抽出した対象組合員にApple Watchを配布し、メドケアの「MEDICALLY」を通じて遠隔診療および生活指導を実施後、プレゼンティーズム改善効果を評...
2017-09-07 美容
20~40代女性1500人に聞く「健康と美容に関する意識と実態調査」 「コラーゲンが身体をつくる」に関心度98%! 女性のライフスタイルは、”ヘルシービューティ”の時代
[株式会社資生堂] ~コラーゲンを毎日の生活にプラスし、健康美を手に入れましょう~  資生堂は、約35年にわたり「美と健康」の視点からコラーゲンの研究を行っています。現代の女性たちは、健康で美しい毎日を送ることを目指し...
2017-09-01 医療
神宮球場グラウンドで1500人規模の「ナイトヨガ」を開催!!人気の「ゆるスポ」も体験可能!~健康増進月間イベント「スマートライフフェスタ」~
[厚生労働省] 厚生労働省では、健康に対する国民の一人ひとりの自覚を高め、健康づくりを推進していくため、毎年9月を「健康増進普及月間」と定めて、地方自治体とともに様々な活動を展開しております。 それにあたり、「スマ...
2017-08-01 医療
全社終日禁煙化!
[損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社] 1.目的・背景 ・タバコに含まれる有害物質は、がん・脳卒中・心筋梗塞などにかかるリスクを高めます。また、非喫煙者に対する受動喫煙の健康被害は、喫煙者同様、深刻な状況にあります。 ・2020年にオリンピッ...
記事一覧に戻る
役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
看護師求人No.1 非公開求人をご紹介
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル