注目ニュース

2018-01-31 19:01:11 医療

肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達「知って、肝炎プロジェクト」肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏が千葉県を表敬訪問

 

肝炎は世界で3億人以上が感染していると推計され、世界最大規模の感染症です。また、肝炎は放置すると健康に対し重大な損害をもたらす可能性があります。肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年より、肝炎に関する知識、肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動しております。

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」の肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏が、1月30 日(火)に千葉県を表敬訪問し肝炎に関する啓発活動を行いました。

当日は挨拶の後、伍代氏が杉良太郎特別参与からのメッセージを代読。伍代氏の心のこもった杉参与からのメッセージを受け、森田千葉県知事は「大事なことは、自分で見つけること」と県民に対するメッセージとともに肝炎ウイルス検査の重要性を訴え、「市町村と連携をはかりながらしっかりと取り組んでいく」と力強く述べられました。

その後の懇談では、「肝炎も簡単に治る時代になってきたのですね」と森田知事の肝炎治療の進歩に感心された様子に、伍代氏は肝炎ウイルス検査が一般的な健康診断ではオプションであることの課題を示しながら「ウイルスの有無だけでも早く検査してほしい」と県民に熱く呼びかけました。最後に森田知事からは、「一人でも多くの人が自分の健康を自分で守り、肝炎ウイルス検査を受けるという一声を上げられるように、県としても提唱していく」と今後も積極的に取り組んでいく姿勢を表しました。

今後も当プロジェクトでは、肝炎の知識や検査の必要性を知ってもらうことを目指し、啓発活動を行ってまいります。
 
  • 「知って、肝炎プロジェクト」 千葉県 表敬訪問 概要
厚生労働省では、肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」を立ち上げ、杉良太郎氏を同運動の特別参与に任命し、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターを任命して、肝炎対策の普及啓発を行っております。

このたび、「知って、肝炎プロジェクト」の肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏が森田 健作 千葉県知事を訪問し、「知って、肝炎プロジェクト」推進のメッセージ伝達を行いました。

【開催概要】
■日時
2018年1月30日(火) 14:45~15:00

■開催場所
千葉県庁 本庁舎 6階 知事執務室

■出席者
千葉県知事 森田 健作 氏
肝炎対策特別大使 伍代 夏子 氏
千葉県 健康福祉部 保健医療担当部長 岡田 就将 氏
厚生労働省健康局がん・疾病対策課肝炎対策推進室 室長補佐 竹之内 秀吉 氏

「知って、肝炎プロジェクト」肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏からの千葉県民へ向けたメッセージ

伍代氏は、ご自身がC型肝炎を患われた際、インターフェロン治療の副作用の強さからすぐに治療に挑めなかった経験に触れ、今では治療法が改善され、(C型肝炎は)飲み薬で簡単に治る時代になりましたと、肝炎治療の進歩についてお話されました。

また、千葉県の皆様に対し、「県民一人一人が、若いうちから自分で自ら積極的に検査を受けてほしい」と強い想いが込められたメッセージを述べました。

 
  • 「知って、肝炎プロジェクト」とは

このキャンペーンは、平成23年5月16日に策定された肝炎対策基本指針を受け、厚生労働省の肝炎対策助成金事業として開始されました。平成25年度より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎への正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくこと目的とした「肝炎総合対策推進国民運動事業」として啓発活動を致しております。
 

肝炎とは何か、そしてどのように感染するのか、放置するとどうなるのか、そして様々な予防方法と治療法を知ってもらうことを目指します。肝炎は放置すると肝硬変・肝がんという重篤な疾患に進行する可能性があります。世界保健機関(WHO)は、2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として、7月28日を"World Hepatitis Day"(世界肝炎デー)と定め、肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。

日本でもこれに呼応した取組として、7月28日を日本肝炎デーと定め、国及び地方公共団体、医療団体や事業主団体等の協力を経て、肝炎の病態や知識、予防、治療に関わる正しい理解が進むよう普及啓発を行うとともに、受検勧奨を推進致します。

また、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動 特別参与 杉良太郎氏をはじめとする、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターの方々に肝炎ウイルス検査の普及啓発などを目的とした広報活動をお手伝い頂いていま
す。
 

関連した記事

2018-06-28 医療
ストレスオフ(TM)・メソッド 体験セミナー【健康・福祉関連産業従事者】対象 ~ストレスとの新しい付き合い方を「考え方」と「フィジカル」から学ぶ~ 7月20日(金)・8月3日(金)東京・恵比寿で開催
[株式会社メディプラス] 株式会社メディプラス研究所(本社:東京都渋谷区、代表:恒吉 明美)が運営する「オフラボ」では、ココロの体力低下をしている日本人の心の状態を見える化し、脳科学者などの専門家や他社企業と共同でストレスと...
2018-06-20 医療
えごま油に新たな健康価値
[太田油脂株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/33090/3/resize/d33090-3-903358-0.jpg ] 当社は1988年に日本で初めてえごま油の食用化に成功し、現在も健康オイルとしてえごま油の製造・販売を行っています。えごま油には「皮膚...
2018-05-31 医療
~働く女性の離職に歯止め~女性社員と男性管理職が学ぶ 産婦人科医による「女性の健康セミナー」を開催
[ドコモ・ヘルスケア株式会社] NTTデータMSE 導入ご担当者様のコメント [画像1: https://prtimes.jp/i/16519/95/resize/d16519-95-230335-4.jpg ] ITシステム業界は、もともと女性社員の比率が低い業界ですが、当社ではそのようなイメージ...
2018-05-31 医療
法人および個人向けの訪問医療マッサージの提供を開始
[株式会社マイナビパートナーズ] 【サービスの概要】 ■訪問マッサージサービス<法人向け> 昨今、企業経営の重要なキーワードである「健康経営」の一翼を担い、企業の福利厚生施策の充実を図るサービスとして、施術師が月に数回、定期的に企業に...
2018-02-23 医療
立川市との『健康づくり事業への連携協定』締結について
[損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社] 1.背景・経緯 ・立川市は、市民一人ひとりが主体的に健康づくりに取組むとともに、地域や世代間で互いに支えあい、希望や生    きがいをもっていきいきと暮らせるまちの実現を目指しています。 ・当社は「健...
記事一覧に戻る
役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
看護師求人No.1 非公開求人をご紹介
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル